スモークチーズケーキ誕生秘話

スモークチーズケーキ完成までの道のり

シェフの白濱は、世界で最高のものを目指していました。しかし多くの経験の中で、自分ひとりの力でそれを実現することの難しさも充分に理解していました。例えチーズケーキの第一人者と言われていたとしても。

誰かとのコラボレーションによって作る。それが、世界最高のものへの近道であることを白濱は知っていたとも言えます。

世界で最高のチーズケーキを作る。その目標に近づくために、どんな要素を取り込めば良いのか。それを模索している時、スモーク(燻製)するというアイディアと出会ったのです。チーズのプロフェッショナルからもたらされたアイディアでした。

チーズケーキをスモークする場合、通常のケーキ作りとは異なり、品質管理について素材や焼き加減だけでなく、スモークする時の温度や煙の循環等、考慮しなければならない点がたくさんありました。

またスモークによって美味しくなる素材とそうでないものがあります。これは美味しそうだというものをスモークしてみると案外そうでもなかったり、逆にこれは美味しくはならないだろうと思うものが、意外にもとても美味しくなったりするのです。

何度も失敗しては条件を変え、失敗してはやり直し、スモークする素材や味、最適な温度や湿度、チップの種類や煙の量などについての知識と経験を積み上げていきました。

これでいけると思えた時、今度は乳製品価格の高騰によって、仕入れた原料のクリームチーズの品質が変わってしまい、味の調整に苦労することとなりました。素材の味が変わってしまえば、スモークした時の味も当然変わってしまいます。するとそれまでの温度や湿度、チップの種類や煙の量といったもろもろの条件がすべて白紙になってしまったのです。この時はさすがに、白濱もチーズプロフェッショナルも落胆したものです。

しかし、そんなことで世界で最高のチーズケーキを作るという目標をあきらめるわけには行きません。それからさらに数か月、白濱はその目標に取り組み、ついに世界で最高の「スモークチーズケーキ」を完成させたのです。取り組み始めてから既に半年が過ぎていました。

白濱はコラボレーションという手法によって、チーズケーキの新しい可能性を見出すことに成功したのです。

白濱の最高傑作のひとつ、「スモークチーズケーキ」を、あなたにもぜひ味わっていただきたいと思います。