チーズケーキを選ぶには

チーズケーキと言ってもスフレやレアやベイクドなど、いろいろあります。さらに使われているチーズによっても味や香りが違い、本当に様々な種類があるのがチーズケーキです。
そんなチーズケーキを選ぶ際には、何を基準にしたらおいしいケーキに出会えるのでしょうか?

もともとチーズケーキは、古代ギリシアで食べられていたと言われています。また強い塩味のチーズを使った塩味のチーズケーキなどというものもあったようで、人類は相当古くからチーズケーキを楽しんでいたようです。

日本におけるチーズケーキの歴史が始まったのは第二次世界大戦後。ベイクドチーズケーキやレアチーズケーキが当時の進駐軍から伝わり、新し物好きを中心に人気だったようです。

その頃チーズは日本の食卓ではそれほど一般的ではなかったようですが、電気冷蔵庫の普及によって食品の保存が可能になり、チーズは日本でも普及していきます。

その後、高度成長時代を迎えた日本でもチーズケーキが発売され、女性を中心に大人気となりました。
今ではご存知の通り、ケーキの定番として人気を保ち続けています。

海外に行くとまだまだ甘さの強いケーキが主流のようですが、戦前や戦後の時代とは違い、現代の日本ではケーキに強い甘さを求める風潮はなくなりました。

甘党と言いながら甘さ控えめのケーキを選ぶ女性も多いでしょう。甘いものというよりも、おいしいものを食べたいというのがその真実なのだと思います。

甘党だからと言ってお酒は全く飲まないというわけでもないと言う方もいらっしゃいますし、酒好きで毎晩飲んでいてもスイーツは欠かせないという方もいらっしゃいます。

そのどちらも満足させるスイーツがあったら嬉しいと思いませんか?
それが、スモークチーズケーキです。

パルミジャーノ、ゴルゴンゾーラ、北海道クリームチーズの3種類のチーズの味と、それぞれスモークとプレーンの計6種類をご用意。
毎日ひとつずつ食べても、6日間続けて違った味わいを楽しめる計算になります。

甘さは控えめですがしっかりおいしく、毎日食べても飽きません。
コーヒーや紅茶だけでなく、お酒との相性も良い大人のためのスイーツ・スモークチーズケーキを、ぜひご自宅の冷凍庫の中に備えておいてください。
甘い物好きの方にも、お酒が好きな方にも、どちらにもきっと喜んでいただけると思います。